【銀座茶会】「005おくみどり」と銀座鹿乃子「姫かのこ」

煎茶堂東京

2018.09.03

ティーコンシェルジュが淹れてくれるお茶と、そのお茶に合うお茶菓子を食べながら、会話とお茶を淹れる時間そのものを楽しむ1時間。ランチ後に、日本各地のおいしいお茶とお茶菓子のペアリングを楽しみながらお茶の話をしよう。そんなたのしい習慣を身につけて、ちょっと素敵な日常をおくって欲しいという思いで始まった、「銀座茶会」。今回も、煎茶堂東京・銀座店で月に2回開催されている「銀座茶会」の様子をご紹介致します。
(次回開催は2018年9月11日火曜日。予約は店頭または03-6264-6864まで)

「005おくみどり」と銀座鹿乃子「姫かのこ」

2018年8月28日(火)に開催された回では、「005おくみどり」と銀座鹿乃子の「姫かのこ」をペアリングにして銀座茶会を行いました。

「姫かのこ」/栗と5種類の豆で作られている。

銀座店のティーコンシェルジュ古川さんに、今回005おくみどりと銀座鹿乃子・姫かのこを選んだ理由を聞いてみました。

銀座店ティーコンシェルジュ・古川さん

「残暑がまだまだございますが、秋めいて参りましたね。そこで、今回はしっとりとした煎茶とほっこりする和菓子を選びました。005おくみどりは、抹茶にも使用される品種で、甘味・苦味のあるものの、旨味も兼ね揃えております。
ペアリングに選んだ『銀座鹿乃子』は、銀座に店を構えており、長きにわたり親しまれている鹿の子専門店です。銀座のお手土産としても喜ばれる逸品(一品)ではないかと思い、今回選んでみました。
1煎目で煎茶本来の味を味わってから、2煎目、煎茶の苦味と、かのこの豆の調和・後味のキリッと締まる感覚を味わって頂きます。3煎目の玄米茶では、しっかりと深みのある煎茶を楽しんでもらいたいです。」

お茶と向き合う1時間

当日のお茶会で、ペアリングを味わったお客様のご感想をご紹介いたします。

「普段、お茶を飲むときはさっぱりしたお茶を好んで飲むんですが、今回の005おくみどりはしっかりとした口あたりで、渋味がありますね!鹿の子と合う……他にどら焼きなどと合わせてもいいかも!口の中で甘さが中和されるのが分かります。」

「普段、あまりお茶を飲まなくて……というか、実はコーヒー派なんですが、煎茶も気になっていたので来てみました。お茶は、今までペットボトルかティーバッグなどの手軽に飲める方法で取り入れてましたが、先日、はじめて煎茶堂東京にお邪魔した時は、その香りの良さが気に入って、017藤枝かおりを購入しました。茶葉から飲むと、香りを楽しめていいですね。今回飲んだ005おくみどりは、抹茶にも使われる品種と聞いて、その栽培工程の違いも話してくれたので面白かったです。あと、美容にもいい成分が含まれてるのがいい収穫でした。勉強になりました。」

ペットボトルやティーバッグで飲むお茶は、今の時代において幅広く浸透していますよね。その手軽さが、何よりの魅力だと感じています。一方、急須を使って茶葉からじっくりと味わうことは、お茶の味を楽しむのはもちろん、茶葉が開くまでの時間や香り、そして、温度の違いによる味の変化を楽しむことができます。

ゆっくりと、ひらいていく茶葉。

そして、感想の中にもありましたが、煎茶には美容の成分も含まれているんです!主に、美肌効果や、老化防止などが効果として挙げられています。日本茶の中のカテキンやビタミンC、ビタミンB2などを摂取することにより、効果が期待できるそうです。より詳しい内容は、店頭のティーコンシェルジュに聞いてみてくださいね。

また、抹茶と煎茶の栽培工程の違いについても知ることによって煎茶や抹茶がグッと身近に感じますよね。煎茶と抹茶のルーツについては、こちらをご覧ください。→長くて短い日本茶の歴史。正しく知りたい抹茶と煎茶のルーツ。

005 おくみどり

しっとりとした特徴のある香りは一度飲むと忘れられない。
他の茶葉と合組しても十分に香りを楽しめる。

‍‍‍甘味:★★ 苦味:★★ 旨味:★★★

とろみのある口当たりと華やかなかぶせ香が魅力。しっとりと雨の降る梅雨の季節のような印象があり、情緒が感じられるため嫋やかという表現を冠する。鹿児島の日の下で育った大ぶりな茶葉は中蒸しで仕上げられている。よもぎのような青い風味が感じられ、香りが贅沢なお茶が好きな人におすすめ。茶園面積としては全国3位にあたる『おくみどり』は合組に使用されることが多いが、シングルオリジンでその特徴を味わっていただきたい。

合組
『おくみどり』シングルオリジン
産地
鹿児島県「頴娃」
農園
輝保園(下窪 英仁)
標高
233m
蒸し
中蒸し
火入れ
78℃ 10min

茶葉

水色(1煎目・2煎目)


次回の開催は2018年9月11日(火)13:00〜14:00。
ご予約は、お電話または煎茶堂東京・銀座店の店頭まで。(電話番号:03-6264-6864)

今回選んだお茶菓子

銀座鹿乃子「姫かのこ」

購入店
銀座鹿乃子 本店
http://kanoko.la.coocan.jp/1top/top.html
アクセス
〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目7-19 銀座すずらん通り
電話番号
03-3572-0013
価格
姫かのこ 5個入り 843円(税込)
営業時間
※1階売店
日曜〜金曜 AM10:30〜PM19:00
土曜および祝前日 AM10:30〜PM20:00

※2階和喫茶
日曜〜金曜 AM11:30〜PM19:00(L.O18:45)
土曜および祝前日 AM11:30〜20:00(L.O 19:45)

こちらの記事もオススメ

【ワークショップ】ワンコイン日本茶ワークショップ「自宅で楽しむ煎茶の淹れ方」
現在、東京茶寮では“お茶にまつわるワークショップ”を定期的に開催しております。今回ご紹介するのは、ワンコイン日本茶ワークショップ「自宅で楽しむ煎茶の淹れ方」について。日本茶のハードルをより下げて、自宅での淹れ方をご提案できればと思います。

【ワークショップ】「日本茶のペアリングで広がる世界」
ペアリングといえば、ワインやコーヒーが主として連想されることが多いのではないでしょうか。和の世界でも、日本酒やお抹茶など、食の話をする上で切っても切り離せないテーマといえます。

【銀座茶会】「009おくひかり」と共楽堂「ひとつぶのマスカット」。
2018年8月14日(火)に開催された回では、「009おくひかり」と共楽堂の「ひとつぶのマスカット」をペアリングにして銀座茶会を行いました。

PROFILE

東京茶寮・煎茶堂東京から日本茶の最新トピックをお届けする「TOKYO TEA JOURNAL」Web版です。紙版を無料購読すると、シングルオリジン煎茶が年4回届くおまけ付き!

See More

RECRUIT

日本茶を次の世代に伝えていく仕事。東京茶寮・煎茶堂東京のティーコンシェルジュ・スタッフ募集

See More