【銀座茶会】「034 ゆたかみどり」と松崎煎餅「月替わり三味胴」「味噌あじ瓦煎餅」

煎茶堂東京

2018.11.02

ティーコンシェルジュが淹れてくれるお茶と、そのお茶に合うお茶菓子を食べながら、会話とお茶を淹れる時間そのものを楽しむ1時間。ランチ後に、日本各地のおいしいお茶とお茶菓子のペアリングを楽しみながらお茶の話をしよう。そんなたのしい習慣を身につけて、ちょっと素敵な日常をおくって欲しいという思いで始まった、「銀座茶会」。今回も、煎茶堂東京・銀座店で月に2回開催されている「銀座茶会」の様子をご紹介致します。

次回開催は2018年11月13日(火)。参加費は無料です。予約は店頭または煎茶堂東京銀座店までお電話くださいませ。(03-6264-6864)
また、阪急うめだ店でも「阪急茶会」と題して、不定期でお茶会を開催しております。阪急茶会は2018年11月16日(金)18:30- 19:30。こちらも参加費無料でご予約受け付けております。ご予約は、店頭または阪急うめだ本店代表までお電話くださいませ。(06-6361-1381)

034「ゆたかみどり」と松崎煎餅「月替わり三味胴」「味噌あじ瓦煎餅」

2018年10月23日(火)に開催された回では、「034 ゆたかみどり」と、松崎煎餅の「月替わり三味胴」「味噌あじ瓦煎餅」をペアリングにして銀座茶会を行いました。


「月替わり三味胴」/10月の限定三味胴「神無月」の絵柄

銀座店のティーコンシェルジュ・古川さんに、今回「034 ゆたかみどり」と、松崎煎餅の「月替わり三味胴」「味噌あじ瓦煎餅」を選んだ理由を聞いてみました。

銀座店ティーコンシェルジュ・古川さん

「今年もあと数ヶ月となりました。秋の新茶が入荷しましてこれからギフトシーズン到来です。秋の新茶に合う銀座のお茶菓子を探しましたところ、以前は銀座四丁目にあり、2年前に5丁目のにすずらん通りに移転してきました『松崎煎餅 本店』を見つけました。銀座を散歩しながらグッとくるお茶菓子を探すのも楽しく、“ここに移転したんだ”など、新しい発見もあったりします。10月最後のお茶会では、『月替わり三味胴』の秋らしい絵柄と二つ折(味噌味)の2種類をご用意いたしました。小麦粉、卵、砂糖を加え焼き上げた優しい、素朴でシンプルな瓦煎餅です。『034 ゆたかみどり』は鹿児島県の志布志の深蒸し甘味・旨味がしっかりとした煎茶。瓦煎餅と合わせてみたところ、後を引く感じと、すうっと口の中で溶けて鼻に抜ける感じがゆたかみどりと合うな、と選ばせていただきました。」

お茶と向き合う1時間

当日のお茶会で、ペアリングを味わったお客様のご感想をご紹介いたします。

  • 味噌のおせんべいのしょっぱさと、お茶が合う。なんだか懐かしい感じがする。
  • お昼ご飯のあとにお邪魔したが、ご飯のあとのお茶はやっぱりホッとする。
  • 知り合いに茶園を持っている人がいて、週末に遊びにいくので、ペアリングのことをお話ししたい。
  • 肌寒さが日に日に増してくるこの季節に、あたたかいお茶とやさしい風味のお茶菓子「月替わり三味胴」「味噌あじ瓦煎餅」でペアリングをした今回の銀座茶会。ぶるっと震えるようなけだるい朝や、オフィスワークの休憩タイムにこそ、ご自分の気分の上がる「シングルオリジン煎茶」でカラダをあたためましょう。

    034 ゆたかみどり

    茶葉の情報がよりくわしく掲載されるようになりました。茶葉の来歴や、名前の由来など、お茶をもっと深く知りたい方は是非ご一読ください。

    たっぷりと甘味、旨味が蓄えられた元気な味わい。
    立ち上る香りは鼻腔を通って頭の先まで突き抜ける。

    甘味:‍‍‍★★★ 苦味:★★ 旨味:★★★

    合組
    『ゆたかみどり』シングルオリジン
    産地
    鹿児島県「志布志」
    農園
    東八重製茶
    標高
    80m
    蒸し
    深蒸し
    火入れ
    105℃ 10min
    来歴
    あさつゆ自然実生(系統名Y2)
    農林水産省 品種登録年
    未登録
    種苗法 品種登録年
    1966年
    早晩性
    早生
    品種の特徴
    栽培面積は『やぶきた』に次いで二番目の大きさで、寒冷地には不向きのため、鹿児島県や宮崎県が主な産地になっている。苦渋味が強いのが特徴なので、緩和するために茶畑に覆いをしたり、蒸しの時間を長くすることでまろやかになる。
    命名の由来
    緑の葉が豊かに生い茂ることから。

    茶葉

    水色(1煎目・2煎目)


    今回選んだお茶菓子

    銀座 松崎煎餅 本店「月替わり三味胴」「味噌あじ瓦煎餅」

    購入店
    銀座 松崎煎餅 本店
    https://matsuzaki-senbei.com/contents?pagename=stores
    アクセス
    〒104-0061 東京都中央区銀座5-6-9 銀座F・Sビル1F
    東京メトロ銀座駅A1、A2出口より、徒歩2分。
    JR有楽町駅 銀座出口より、徒歩8分。
    銀座すずらん通り沿い。
    ※丸の内線・銀座線・日比谷線のご利用が便利です。
    電話番号
    03-6264-6703
    価格
    三味胴詰合せ「神無月」
    12枚セット¥1,664(雛箱入り) / 1枚パック¥130~
    いずれも税込

    味噌あじ瓦煎餅
    6枚 ¥432(税込)

    次回開催は2018年11月13日(火)。参加費は無料です。予約は店頭または煎茶堂東京銀座店までお電話くださいませ。(03-6264-6864)
    また、阪急うめだ店でも「阪急茶会」と題して、不定期でお茶会を開催しております。阪急茶会は2018年11月16日(金)18:30-19:30。こちらも参加費無料でご予約受け付けております。ご予約は、店頭または阪急うめだ本店代表までお電話くださいませ。(06-6361-1381)

    こちらの記事もオススメ

    【東京茶寮で、大人の夜茶会。】Step_1「はかる」
    東京茶寮では、「大人の夜茶会」と題して、閉店後のお店にてワークショップを開催いたします。「急須で淹れる」という機会が少なくなってきている現代において、時代に合ったお茶の淹れ方をお伝えできればと思います。

    【東京茶寮で、大人の夜茶会。】Step_2「合わせる」
    東京茶寮では、「大人の夜茶会」と題して、閉店後のお店にてワークショップを開催いたします。「急須で淹れる」という機会が少なくなってきている現代において、時代に合ったお茶の淹れ方をお伝えできればと思います。

    「飲む植物園@東京茶寮」フォトレポート
    2018年10月13日(土)-14日(日)の2日間にわたって東京茶寮で開催された「飲む植物園@東京茶寮」は、おかげさまで連日満員御礼、深夜の営業終了まで多くのお客様に楽しんでいただくことができました。ご来場いただきまして、誠にありがとうございました。妖艶な植物に彩られた「飲む植物園」当日の様子を、写真と一緒にふり返りたいと思います。

    PROFILE

    東京茶寮・煎茶堂東京から日本茶の最新トピックをお届けする「TOKYO TEA JOURNAL」Web版です。紙版を無料購読すると、シングルオリジン煎茶が年4回届くおまけ付き!

    See More

    RECRUIT

    日本茶を次の世代に伝えていく仕事。東京茶寮・煎茶堂東京のティーコンシェルジュ・スタッフ募集

    See More