甘み・香りを楽しむ東京茶寮流の冷茶レシピ

お茶の淹れ方

2018.07.02

しっかり冷やしても、茶葉の甘み・香りをしっかりと引き出したいときの冷茶レシピをご紹介します。

氷を用意する

冷蔵庫で作ったキューブの氷を2つ(小さめの場合は3つ)、ガラスサーバーなどグラスとは別の容器に入れておきます。

1煎目を淹れる

茶葉
4g
お湯
70℃ 96ml
蒸らし時間
1分20秒

1煎目を氷で急冷する


氷を入れたガラスサーバーに注いだらくるくると回してステアし、しっかりと冷やします。冷やしたらグラスに注ぎます。
空いたガラスサーバーに、2煎目を冷やすための氷を2つ(小さめの場合は3つ)入れておきます。

2煎目を淹れる

お湯
80℃ 96ml
蒸らし時間
10秒

2煎目を氷で急冷する


氷を入れたガラスサーバーに注いだら、1煎目と同じようにくるくると回してステアし、しっかりと冷やします。

1煎目を入れたグラスに注ぎあわせる


1煎目と2煎目を足し合わせることで、味わいの深みが増し、バランスの取れた味わいになります。氷をあわせて240ml以上、ゴクゴク飲める分量です。ぜひお試しください。

こんな記事もオススメ!

【ワークショップ】「猛暑にぴったり!水出し茶の世界」
この時期に、東京茶寮が自信を持ってオススメする、水出し茶。スタンダードな水出しのレシピは【レシピ】カラダの免疫力を高める、最も効果的な「水出し」の効能とその作り方。でもご紹介していますが、このワークショップではより水出し茶を楽しめる内容をご用意しています。水出し茶をお家で実践したことがある人も、様々なバリエーションのレシピを知ることができるワークショップとなっております。

【予約限定!】氷出ししずく茶 2種+香駿のレインドロップ
夏の日差しを反射して、きらきらと透き通るデザート。その冷たいしずくに、ストローを刺して吸い込んでみると、まるで水を食べているかのよう。東京茶寮で飲む、夏のデザートドリンク「香駿のレインドロップ」が、8月1日(水)から提供を開始致しました!予約限定となっておりますので、ご来店の際はご注意くださいませ。

PROFILE

東京茶寮・煎茶堂東京から日本茶の最新トピックをお届けする「TOKYO TEA JOURNAL」Web版です。紙版を無料購読すると、シングルオリジン煎茶が年4回届くおまけ付き!

See More

RECRUIT

日本茶を次の世代に伝えていく仕事。東京茶寮・煎茶堂東京のティーコンシェルジュ・スタッフ募集

See More