「飲む植物園@東京茶寮」フォトレポート

イベント

2018.11.02

2018年10月13日(土)-14日(日)の2日間にわたって東京茶寮で開催された「飲む植物園@東京茶寮」は、おかげさまで連日満員御礼、深夜の営業終了まで多くのお客様に楽しんでいただくことができました。ご来場いただきまして、誠にありがとうございました。妖艶な植物に彩られた「飲む植物園」当日の様子を、写真と一緒にふり返りたいと思います。
飲む植物園についてはこちらから→東京茶寮が“植物園”に!煎茶ドリンクをカスタムして作れる2日間限定「飲む植物園」を開催。

煎茶とハーブの「オリジナル煎茶モクテル」

会場に入ると、東京茶寮独自の製法で作ったつるんとした飲み心地の透明な「レインドロップ」が手渡されます。カウンターに設置された3種類の水出し煎茶を飲み比べて、好みの水出し煎茶を「レインドロップ」が入ったグラスに入れるのが最初のステップです。

好みの水出し茶を見つけたら、植物園の中にある「ハーブ」のエリアへ。

みなさん思い思いにハーブをグラスに乗せてアレンジしていきます。

こういう感じにしてみたり。


おしゃれに差し色を入れてみたり。

参加した方の個性が表れます。来場したお友達や周囲の方と盛り上がりながらオリジナリティを追求します。


そこへ、ドリンクディレクター・セキネトモイキさんが作る「ミント」「セージ」「ハイビスカス」の3種のハーブシロップをお好みで加えたら「オリジナル煎茶モクテル」の完成!煎茶にハーブシロップを加えると徐々に味わいも変化していき、ハーブとお茶の意外な化学反応も楽しんで頂けたのではないでしょうか。

お昼の時間帯の「飲む植物園」は、カラフルで華やかな印象。カウンターに敷き詰められた苔とのコントラストなど、癒される空間です。ディスプレイされた植物園には、よく見ないと気づかないような小さい植物や珍しい花、つぼみが満載で見応えたっぷりです。

ナイトテラリウム

夕方からは照明演出を変え、夜の「飲む植物園」を楽しんでいただきました。昼間とは印象が変わり、ひと味もふた味も違う東京茶寮に。思えば、暗い空間で花や植物を見た体験は、あまりないのではないでしょうか。昼間とは異なる表情を見せる花達は、とても不思議な魅力・オーラを放っていました。

おまけ・前日の搬入の様子

これからも、東京茶寮は単なるモノの提供にとどまらず、かけがえのない「体験」を生み出していきたいと思っています。今後とも、よろしくお願いいたします。
当日ご来場いただきました皆さま、誠にありがとうございました!

PROFILE

東京茶寮・煎茶堂東京から日本茶の最新トピックをお届けする「TOKYO TEA JOURNAL」Web版です。紙版を無料購読すると、シングルオリジン煎茶が年4回届くおまけ付き!

See More

RECRUIT

日本茶を次の世代に伝えていく仕事。東京茶寮・煎茶堂東京のティーコンシェルジュ・スタッフ募集

See More