東京茶寮で、大人の夜茶会。「はかる」レポート

イベント

2018.12.14

現在東京茶寮で開催されている日本茶ワークショップ「大人の夜茶会」。本稿では、2018年10月24日/11月2日/3日の3回に渡って開催された、『東京茶寮の、大人の夜茶会。「はかる」』のレポートをお伝えします。大人の夜茶会についてはこちらをご覧ください。→東京茶寮ワークショップ詳細ページ

次回は年明け1月16日(水)/25日(金)/26日(土)に、同じ内容のワークショップを開催予定。こちらは全3回のプログラムで構成されており、初回でこちらの内容のワークショップを開催します。2回目・3回目はお茶の淹れ方だけでなく、生活を豊かにする内容をご用意。基本はセット販売ですが、初回のみおためしでも参加できます。各回先着9名限定で募集中です。

(全3回プログラムのページへ飛びます。初回おためし参加チケットはこちらから。

「うるおいのある生活」と「自分の時間」のために

「大人の夜茶会」のテーマは、「うるおいのある生活」と「自分の時間」です。お茶を淹れる少しの時間は、わずか1分20秒。お湯をゆっくり注いで、茶葉がひらく。その様子を見ながら、待つ。おいしくできたお茶をじっくりいただく。そんな風に、いそがしい日々でも、自分の時間を大切にしてほしい。「大人の夜茶会」には、そんな気持ちが込められています。

「はかる」では、基本的なお茶の淹れ方をベースに、いくつかの実験を行います。「湯温」や「抽出時間」など、お茶を淹れる際に必要な項目において、温度をあげたり、抽出時間を測ったりしながら、ご自分の好きな淹れ方を探る内容です。ご参加されたお客様の中には、日本茶を淹れるのは初めてという方、お茶が好きで家でよく淹れるという方もいらっしゃいました。この記事をお読みの皆さまの中でも、お店で飲むお茶と家で飲むお茶の味が違うけど、どこがダメなのか分からない…。と感じている方はいらっしゃるのではないでしょうか。「はかる」では、実験を通してそんなギモンもほどいていきます。

実験

お湯の温度や、抽出時間が異なるお茶を飲み比べて、同じ茶葉でも淹れ方ひとつで風味が異なることを体感します。

同じ茶葉で湯温、抽出時間を変えたりして、「淹れ方」にとことんフォーカスをあてていきます。

淹れ方のポイント

東京茶寮のお茶の淹れ方のレシピ、また淹れる際のポイントをご紹介します。そのあと、実際に透明急須を使ってお茶を淹れていきます。



最後にはお茶菓子と一緒にホッとひといき。

お客様のご感想

ご参加いただいたお客様の感想を一部ご紹介いたします。

  • 少人数なので聞きたいときに質問ができ、居心地の良いワークショップでした。
  • 有意義な時間を過ごせて、お茶のある時間は贅沢と改めて実感できました。
  • 生活の質をあげるため、家でも日本茶を丁寧に淹れたいと思います。
  • また、講師をつとめた東京茶寮店長・井原にも、ワークショップの感想を聞いてみました。

    ■東京茶寮・店長 井原

    「ワークショップ中に、“日常と離れた空間で、贅沢な趣味の時間を過ごすために参加した”とお話くださったお客様がいたんです。『贅沢』と聞くと、高級ディナーや海外旅行などお金のかかるものが想像されますが、お茶を飲んでお茶菓子を味わうようなゆとりのある時間が、いまの時代ものすごく大切なんですよね。そういう空間、時間を作ることができたのは非常に嬉しく思います。また、茶道や煎茶道をやっていたり、お茶が大好きなのに美味しく淹れられないのはなぜ?という形で参加した方も見受けられました。自分に合った、おいしいお茶の淹れ方を見つけてくださったようです。これからも、形にとらわれず、自由に楽しんでもらえる様に日本茶の自由さ・楽しさを伝えて行ければと思います!」

    次回の開催は2019年1月16日(水)/25日(金)/26日(土)です。皆さまのご参加、お待ちしております。

    PROFILE

    東京茶寮・煎茶堂東京から日本茶の最新トピックをお届けする「TOKYO TEA JOURNAL」Web版です。紙版を無料購読すると、シングルオリジン煎茶が年4回届くおまけ付き!

    See More

    RECRUIT

    日本茶を次の世代に伝えていく仕事。東京茶寮・煎茶堂東京のティーコンシェルジュ・スタッフ募集

    See More