【東京茶寮】「金継ぎ×日本茶」で、日本の文化体験を。

イベント

2018.08.22

今回、東京茶寮で、「金継ぎ工房リウム」と「有田焼KIHARA(キハラ)」との、3社合同で「金継ぎと日本茶の両方を体験できる」イベントを開催いたします。
ご予約はこちらから
9月8日分(東京茶寮にて開催)チケット
9月8日分(奥渋谷KIHARA TOKYOにて開催)チケット

「金継ぎ×日本茶」

金継ぎ工房リウムについて

金継工房リウムは、日本に引き継がれる器の修理方法のひとつ『金継ぎ』を用いて、あなたの『器と永く、大切に付き合う気持ち』を形にしていく工房です。高級だったり逸話に彩られていたりは気にせずに、思い出のこもった器やずっと使い続けたい器の修理修繕をしています。

(金継ぎ工房リウム 公式サイトより抜粋)


金継ぎ工房リウム

有田焼・KIHARA(キハラ)について

1616年、日本で初めて磁器生産を始めた有田。株式会社キハラは、有田焼・波佐見焼の産地商社として、この400年の伝統技術と先人たちの想いを胸に、現代の生活に合わせた商品開発を行い、末永く愛される器をお届けします。

(株式会社キハラ 公式サイトより抜粋)


有田焼・KIHARA(キハラ)

今回のイベントでは、2時間半の間に2つのワークショップを行います。
❶漆と樹脂を用いて金継ぎでアクセサリーヘッドをつくるワークショップ
❷KIHARAと東京茶寮が共同開発した茶器を用いた緑茶の美味しい入れ方ワークショップ
予約はこちらから→金継ぎと日本茶を楽しむワークショップ

当日の進行内容

金継ぎ工房リウムによる、アクセサリーヘッドづくり

お好みの陶片を選んで組み合わせペンダントヘッドを作るワークショップ。好きな破片を3つを選んで張り合わせ、段差を埋めて、お好みの粉を蒔きつけて仕上げます。

東京茶寮による、KIHARAの茶器を使った日本茶ワークショップ

東京茶寮でのお茶の淹れ方を伝授いたします。少しポイントを抑えるだけで、ご自宅でも美味しいお茶を飲むことができますよ。

金継ぎ相談会

金継ぎで直したい器があるという方は、ワークショップ終了後、両日とも14時〜19時まで、同会場にて金継工房のスタッフがお直しの相談や御見積をする相談会も開催します。割れた器をご持参の上、お越しください。

金継ぎと日本茶を楽しむワークショップ

開催日時
2018年9月8日(土) 10:30〜13:00(東京茶寮
2018年9月9日(日) 11:00〜13:00(KIHARA TOKYO
場所
東京茶寮(三軒茶屋)
〒154-0011 東京都上馬1-34-15
 ※9月9日(日)は別場所(KIHARA TOKYO)での開催となります。ご注意ください。
アクセス
東京茶寮
東急田園都市線「三軒茶屋駅」南口B出口 徒歩7分
料金
おひとり様2,500円(税込)
 ※当日、店頭でご予約のお名前をスタッフにお伝えください。
 ※座席の指定はできかねます。
持ち物
金継ぎの相談をしたい方は、割れた器をお持ちください。
開催人数
最小実施人数8名。定員に達しない場合は中止となります。ご了承ください。
ご予約
9月8日(土)予約サイト
9月9日(日)予約サイト

こちらの記事もオススメ

【ワークショップ】「日本茶のペアリングで広がる世界」
東京茶寮では、日常の食事だけでなく同じ気候や水質で作られた食材に合わせたり、意外な組み合わせなどを提案します。ワークショップ「日本茶のペアリングで広がる世界」では、ペアリングを実際に体験しながら、日本茶と何かをペアリングすることをより身近に、日常的に感じていただきます。

長くて短い日本茶の歴史。正しく知りたい抹茶と煎茶のルーツ。
現在、私たちが日常的に飲んでいるお茶。その起源はどのようになっているのでしょうか。実は日本でのお茶の歴史はとても長いと同時に、いまのスタイルとなってからは意外にも短いものです。

PROFILE

東京茶寮・煎茶堂東京から日本茶の最新トピックをお届けする「TOKYO TEA JOURNAL」Web版です。紙版を無料購読すると、シングルオリジン煎茶が年4回届くおまけ付き!

See More

RECRUIT

日本茶を次の世代に伝えていく仕事。東京茶寮・煎茶堂東京のティーコンシェルジュ・スタッフ募集

See More